スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第17期研究科

久々に劇団ひまわりでの芝居を見に行きました。

「やわらかい服を着て」


イラク戦争問題について集まったピース・ウィンカーという集団。
その集団の人間関係を描いた作品でしたね。

2時間ちょっとありました。
長かったです。

パンフレットを見てみると、この作品に協力して頂いた方の中に僕がすごくお世話になった先生達の名前がありました。

ダンス&アクションを教えて下さった、江良健二先生。

マイムを教えて下さった、いいむろなおき先生。

初舞台で演出をして下さった、生田朗子先生。
生田お母さんと慕っていました。


今まで教わってきた先生の中で一番お世話になり一番印象深い先生が3人揃ってる事に驚きました。


この先生達の下で芝居をしている今の研究科の子達は恵まれているなと思いました。
次の卒業公演も頑張ってほしいですね!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。