スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Be happy!

ここに来て早いもんで半年が経とうとしてます。

もう折り返し地点か~。

昨日は日本から来た友達と会って、その友達の友達もトロントに学生ビザで
来ていると言うことで三人で飲んでいました。

その友達の友達はユカさんというのですが、
カルガリーで6ヶ月行った後トロントに来て学校行きながら過ごして5ヶ月目。
来月には日本に帰るみたいです。

これまでの事を色々聞きましたが、やっぱり一年間はあっという間!
そして英語もマスターするには一年じゃ足りないとも言っていました。

他の友達に準ネイティブになるには最低4年ぐらいは必要と聞いたことがあると言ったら、
ユカさんもそれは私も聞いたことがあると言ってました。

やっぱり誰もがそう言うんだと改めてそのことを確信しましたね。

5時間くらい喋ってたかな。時間はあっちゅうまに過ぎていきました。

CIMG0974_convert_20110925143948.jpg

帰りは友達は先に途中で降りてユカさんと二人で喋っていたら、
「Facebookでビデオレター見ました!すごく面白かったです!私の結婚式でも是非余興してくださいね」
という言葉を残して電車を降りていきました。

そうなんです!前にちらっとブログでも書きましたが、僕が今ある事に
取り掛かってると言ってたものは友達の結婚式へ送るビデオレターでした。

9月17日にその友達の結婚式は終えて、出席した友達を介してビデオレターを流してる時の
状況を聞いたら、大爆笑だったといっていました!
もっかい言います爆笑です。
海を渡って大爆笑取るって気持ちがいいですね!!

とは言っても割合的には笑い重視より感動重視で構成しているんですけどね。

内容は世界中の人達からのお祝いのメッセージというタイトルで
国際色豊かな人種がいるトロントをなんとか活かそうと思って僕が通っていた学校の友達に
協力してもらい各国ごとに分けて母国語でメッセージをいただきました。

カナダ、メキシコ、べネズエラ、タイ、スイス、ロシア、韓国、ベトナム、トルコ、スペイン、サウジアラビア、コロンビア、ブラジルという13カ国の友達に協力してもらいました。
そして最後にシークレットカントリーとしてもう一各国?島?を合わしたら14カ国になりますね。

他の結婚式のビデオレターなどYOUTUBEに見ているとハリウッドスターなどのインタビュー映像などを
使ってあたかも結婚する二人に向けてメッセージを送っているかのように日本語訳を変えて面白おかしく
やってるパターンが多かったですが、僕の場合は本物の各国の人で本当に二人に向けてメッセージを
送ってくれてるのでここはちゃんと日本語訳に変えて伝えてあげようと思いました。

これが一番大変やった!それぞれ母国語で言ってもらってるからとりあえず英語に一旦訳してもらって
それを日本語に全部訳していくのが大変でしたね。
結構似たような事を言ってる人もいたので、あまり被らないように言い回しを変えてみたり、その子のキャラを
想像して喋り方などを変えたりして頭結構使いました。

英語のボキャブラリーだけではなく日本語のボキャブラリーもなくては出来ない作業でした。
これを経験してから映画の翻訳する人を尊敬しましたね!
だって英語にあって日本語にはない言葉、当然逆のパターンもあるし直訳してもへんな文になる時もあるから
それに近い言い回しや、全然言ってることは違うくてもその流れにあった言葉を絞り出して訳したりもするから
言葉をいっぱい知ってなきゃできない仕事ですからね。
大したもんですよ!

それで全てのシーンが撮り終えたら編集作業。

実はビデオレターを作るのは人生初めての僕。

その前にパソコンを使って映像を編集することも初めて。

さらにその前にパソコンを本格的に使い出したのもトロントに来てからやし
今使ってるパソコンもトロントで買ったもの。

なんて無謀な事をするんだと思うと思いますが、自分を追い込まな出来ないタイプの俺には
ちょうどいい条件?どうやろ?

まぁ何とかなると思って挑戦してみました。

そして何とか出来ました。

もちろん一人の力じゃ出来なかったことです。
ここで知り合った日本人の友達タカちゃん。

僕が誰かビデオカメラ持ってないかと探していたところ
当時仲良くなり始めたばかりのタカちゃんが持っていたので、
早速内容を言って快く協力してくれました。

編集の時も僕のパソコンは安もんで処理しきれない作業をタカちゃんの
パソコンを貸してもらって作業させてもらったりもしました。

本当にお世話になりました。
ありがとうタカちゃん(^^)

次によく協力してもらったのはD-JAMのダンス発表会でもお世話になった
カメラマンの松本さんです。

撮影、編集にあたってのアドバイスや僕の友達へ早く届けるようにと
出来たビデオレターのデータを松本さんのパソコンへ送り、DVDにしてもらって
友達の所へ送ってもらうことまでしていただきました。

松本さんの協力のおかげで安心して友達の手元に届けることができて、
本当に感謝しています。

そして最後にみなえ。
実は友達の結婚式と言っていましたが、みなえの妹の結婚式。
松本さんに頼んでDVDを送ってもらったのもみなえの所です。

みなえの妹(みさき)はほんとほんまの妹みたいに僕は可愛がっていて、
僕がトロントへ旅立つ前にみさきから直筆の手紙もくれて本当に可愛い子なんですよ。
もう一人下に妹がいてモナミというんですが、その二人が俺が働いていたモスにたまに来て
俺が仕事終わると三人でよく喋っていました。

そんな妹のように思っていたみさきが結婚と聞いたので
作れるかどうかわからないビデオレターをみさきのためなら頑張って作ろうと思いました。

そしてみなえにみさきと旦那さんとのツーショットの写真をメールで送ってもらったり
色々二人の情報をもらって連絡を取っていました。

結婚式がもうすぐになった頃、みさきの姉であるみなえが司会すると聞いて驚きました。
妹の結婚式で姉が司会なんて僕は今まで聞いたことない。

なんて妹思いなお姉ちゃんでしょう!
みなえが司会するなら話は早いと思って、
ビデオを流す時はサプライズやからこういう風に進行してくれとお願いして
結婚式当日うまいこと進行してくれました。

ありがとうな(^^)

そして僕の作ったビデオレターはみさきと旦那さんにもすごく喜んでくれたそうです。
頑張って作った甲斐がありました。

ではだいぶ長くなってしまいましたが、僕の作ったビデオレターを良かったらみてください。
結婚式で流したものをさらに編集し、結婚式の模様の写真をスライドショーにして最後に付け加えてます。

どうぞ僕の初めて作ったビデオレター最後までお楽しみください!

MISAKI and YUSUKE's Wedding
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。