スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しゅん散歩~前編~

はい、始まりました。「しゅん散歩」。この番組は俳優のしゅん武男が散歩の楽しみ方、散歩のお勧めコースをお茶の間の皆さんに紹介する番組です。
今回は最終回に相応しい京都を紹介いたします。

まず私はJRユニバーサルシティ駅から大阪まで行き、阪急梅田(阪急京都線快速急行、河原町行き)に乗り換えて桂駅まで、更に阪急嵐山行きに乗り換えて嵐山に到着しました。

嵐山では世界文化遺産の「天龍寺」をご紹介しましょう。


20100225132416

天龍寺に向かう途中、渡月橋という橋を渡りました
名前の由来は、亀山上皇が橋の上空を移動していく月を眺めて「くまなき月の渡るに似る」と感想を述べたことから渡月橋と名付けられたそうです。
まぁこの橋じゃなくてもレイボーブリッジでもみえますけどね…。

第一、山より低い橋やのにどう月が渡って見えたんやと!橋の前に山を渡ってる方が先やと思います。だから僕は渡月橋という名前は認めません!!
NEXT。



20100225132422

なんかよう分からん橋を渡った後、お腹が空いたので近くによーじやカフェがあったので腹ごしらえする事にしました。

あぶら取り紙だけじゃ商売にならなかったんでしょうかね。無理矢理カフェに繋げるなんてたいしたもんです。

私が食べたのは京野菜のカレー。美味しかったです。やっぱり京野菜と言うだけあって他の野菜と比べて…大して変わりがよくわかりません。

NEXT!



20100225132426

よーじや特製カプチーノを頼みました。凄く綺麗に顔が描かれいるでしょ!!
これを私がイジると………



20100225132430

こうなります。



NEXT!!



20100225135414

お腹もいっぱいになりまして、改めて天龍寺に向かいます。
竹林通り抜けると天龍寺に着きます。



20100225134628

着きました!!

拝観料は500円でさらに建物の中に入るにはプラス100円を支払わなくてはなりません。
この写真は大方丈から曹源池庭園を眺めたものです。
四季折々雰囲気が変わって楽しめる庭です。

はい次。

あっNEXT!!!



20100225134624

だるまの絵です。
元々だるまは手足があったそうで、失くなった原因はだるまには兄がいて、食べ物を賭けた勝負に勝ったのに隙を狙われて自分の食べ物を奪われたそうです。それに激怒しただるまは「もういい!俺はここから一歩も動かない!!」と拗ねて座り込んだらしいです。それから座り続けて9年間。手足が腐り私達が知ってるだるまの形になった。
らしい…。(笑)

NEXT!!!!



20100225134620

天龍寺の本堂です。
雲龍図という龍の絵があったのですが、観れるのは土日のみらしいです。

観たかったですね!!
そんなことよりこの写真に写ってる木。なんか「俺も写して!!」と言わんばかりに滑り込みに写ってきた感じでなんか腹が立ちます。

NEXT!!!!!!



20100225134616

天龍寺を出て、次は車折神社へ。京福電鉄嵐山本線に乗り車折神社前で下車した迎えにあります。



20100225134611

車折神社には多数の神社があり、その中でも私のお目当てだったのは芸能神社。
芸能上達、人気上昇、芸術才智の御祈祷に参りました。



20100225134607

神社の周りには朱塗り玉垣が連ねており、たくさんの芸能界で活躍する人達の名前が書いてあります。
中にはEXILE、西田敏行、米倉涼子、嵐、マギー司郎・審司



20100225134602

社務所で芸能神社のお守りを買って(700円)最後におみくじを引いてみました。



出たのは凶。(幸先悪すぎるやろ!!このおみくじわ!!)



助言は「何もやってもうまくいかないあなたはもう車折大神様にすがるしかないでしょう。常に遠くからでもこの神社がある方向に拝めておれば、いずれは誠意が報われ良い方向へと導くかも。」


かもっ!ってなんや!!!なんやこの神社!けったいな名前しよってからに!!車折神社の名前の由来聞いてビックリしたわ!!

昔、ある人が牛車を引いていて、その牛が躓いたせいで車の脚が折れた。ちょうどその時に目の前にあったのがこの神社やったと!!
なんやその安易な名前の付け方わ!!結局なんでもいいねやんけ!!こんな神様信用なるかい!


もうえぇ―!!
後半へ続くぅ~~ぅっ!!!

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。