スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファービー

皆さんは覚えているだろうか?


一時 ブームとなって世間を騒がした!

あの!!

ファービー(グレムリンのモグワイみたいな出で立ちで教えた言葉を覚えていく人形)の事を…。


それがブームとなった時期、俺は小学生だったと思う。


ある日の事。
家族で温泉旅行にいった。
2泊3日ぐらいしたか定かではないが 最終日は決まってお土産コーナーで買い物をする。


俺は別に買うものはなかったので親と祖母について 並べてある品を見て回っていた。


その時である!!!


俺の目に飛び込んできたのは 当時どの玩具屋にも売れ切れて無かった。

あの!!


ファービーだ!!!(最高!!)


それを見つけた俺は早速祖母に買ってくれとねだった


祖母というのは可愛い孫為なら何でも買ってくれる甘いもの(それを俺は狙ってたクックックッ…)


そして念願のファービーが遂に手に入った!!


家に帰ったら早速箱からファービーを取り出し喋りかけた!


「こんにちは」という俺。

「………。」反応無しのファービー。


あれ?寝てるのか?

ふと箱を見ると…



箱の中から転がってきた゛電池゛


「電池入ってないや~ん!」


気付いた俺は電池を入れる。


そして改めて喋りかけた。

「こんちには!」


それに反応したファービーは「フニャフニャ…」


「何喋っとんねん!コイツ!!」


説明書を読んでみると、こう書いてあった。


「最初は人間の赤ちゃんと同じように言葉は声を発するだけです。約一週間経つと教えた言葉を覚え、喋れるようになります。」


「なるほどね」


システムを把握した俺はひたすらファービーに向かって喋り続けた。


それから一週間が経った。


いつものように喋りかけた。


「おはよう!」という俺。

それに対してファービーは……


「フニャフニャ…。」



「なんでやねんっ!!」


一週間経ったのに一向に進歩がない!!


個人差があるんだと自分に言い聞かし次の日もまた次の日も喋り続けたが 全く言葉を覚えない!!


「なんでやねんっ!!」


そんなある日の事。

家にいた俺は何気にテレビをつけた。

たまたまついてた番組はニュース番組。


するとあのファービーの事がニュースになっていた!!


なんだろう?と興味本意で見ているとその内容とは…


「ファービーの偽物が流通している!!」(なに~!!)


その偽物の特徴、見分け方が紹介されていた。


その特徴とは…


「本物では頭にワシャワシャの毛が生えているが 偽物にはニワトリのトサカみたいになっている。」


それを聞いた俺は恐る恐る自分のファービーを確認した……



その頭には……





「トサカッ!!!!」(ぬぉ~~!!!)



「偽物か!こいつ!!通りで言葉覚えんはずやわ!!こんなもん処分じゃ!!」


と思った瞬間 頭の中に悪魔の囁きが…


「友達に欲しがってた奴がおったな。誕生日も近かったはず!箱も捨てずにおいてあるし言葉も覚えてないから新品買ったように見せ掛けてそいつに誕生日プレゼントとしてあげよう!」(へへんっ)



後日 その友達に会い ファービーを快く差し上げた

貰った友達は大喜び!!


それが偽物とは知らず……(バァーカ!)





それから数日後…。



その友達とばったり会った!

俺の心の中では言葉を全く覚えないファービーにもう偽物だと友達は気付いてるんじゃないかと それで怒られるんじゃないかと すこしビビっていた。

が……


友達から意外な返事が返ってきた。


「俊作から貰ったファービーすごく物覚え良いわ!いつも楽しく遊んでるで!」


なぜだ……


俺がいくら喋っても全く言葉を覚えなかったあのファービーが 物覚えが良いだと!!!


「ただ…」その友達が不思議な面持ちで喋り出す。


「俊作から貰ってすぐぐらいからやたらと「なんでやねん!」って言うねん。俺が「おはよう」言うても「なんでやねん!」て返しよる」



覚えがある…。


なかなか言葉を覚えないのに対して俺は毎日のように「なんでやねん!」ファービーにぶつけて言っていた。


頼にも寄って 俺が手放した後に記憶して喋るとは……。



それでもその友達は今でも楽しく遊んでると喜んでその場を後にした。



俺とファービーの時間はこの友達の為に費やしたみたいになって 何だか切ない気持ちになって家へと帰った

苦い思い出だった。

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。