スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寄せ書き

20090704023804
ちょうど二年前までUSJのモンスターライヴロックンロールショウのクルーとして働いてた時期がある。

半年ぐらい働いた末、辞める時に社員やバイト達からもらった寄せ書きを久しぶりに見通した。



そこに書かれていたみんなからのコメントには「吉本での活躍楽しみにしてます」など書かれていた。社交辞令もあるかもしれないがそれでも嬉しいし元気を与えてくれる、そんな寄せ書きはいい物だと改めて感じた。


そう、この当時吉本新喜劇のオーディションを受けるために辞めると言ってUSJを去ったのだった。


しかしオーディションの当日、扁桃腺が腫れて39度の熱が出てしまい 声も出なくて結果は見えていたがそれを理由で行かないで諦めるのが自分で納得がいかず 出せる力だけ勝負しようと行ったが結果は不合格だった…。


今考えて見れば体調が良くてもダメだったのかもしれない。


この前の舞台の前座でネタをやってみてそれに気付かされた。


最近久々に「島田紳助、松本人志の哲学」という本を読み直してみた。


その本の最初の章では笑いの哲学の章だった。

そこには二人の駆け出しの頃の事が書いてあった。


今ではお笑い界のトップに立つ二人でも 最初の3年ぐらいはお客さんのウケは良くなかったと書いてあった。でも才能はあったから舞台の回を踏む事にお客さんに伝えるという技術を身につけ一気に世に知ら占めたという。


伝える……。舞台の回を踏む……。


これは僕の一番の課題だ。

僕が18の頃に作った人生設計図の第一結果を出す26歳まであと一年ちょっとしかない。


寝ること惜しまず必死でやらないと間に合わない。じゃないと能書きを言ってるだけになってしまう!!!






来年かぁ……。

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。